はじめてのNFT

NFT 経済の教室

「NFT」

この言葉、いきなり流行語のように飛び交うようになりました。

この記事ではその初歩について簡単に説明します。

75億円のコラージュ作品

NFTが話題となるきっかけとなったのが、アメリカのアーティスト、ビープルBeepleが製作したデジタル・アートのNFTが今年2021年の3月に75億円で売却されたことでしょう。

BeepleのNFT作品が75億円で落札、アート界に変革の兆し | TechCrunch Japan
米国時間3月11日、比較的無名のデジタルアーティストによるNFTデジタルアートのコラージュが、オークションで6900万ドル(約75億円)の値を付けた。「Everydays – The First 5000 Days」と題されたこの作品は、ネット上ではBeepleとして知られるアーティストマイク・ウィンケルマン氏が数..

もともとこのデジタル・アートは、ウェブデザイナーだったビープルが、練習のため5000日間にわたり1日1作品を制作し続け、それを1つのコラージュ風デジタル作品としてまとめたもの。

それが75億円です。

この作品の芸術的価値が75億円もあったのか、それともNFTというものが革新的だったのか。

NFTは複製できないデジタル・アート?

NFTとはノンファンジブルトークンnon-fungible tokenの略。

日本語では非代替性トークンと呼ばれます。

他と代替することができない、つまり唯一無二のデジタル資産、というような意味ですね。

その名前の印象から、複製が絶対できないデジタルデータ、のように考えている人もいるかもしれませんが、そうではありません。

複製できないのではなく、そのデジタル・アートの所有者が誰であるのかという<情報>が、明確になるのがNFTです。

このブログでは昨年2020年の10月に「NFTが流行りはじめている」として記事を載せています。

ノンファンジブル非代替の意味

NFTのFはfungibleファンジブルですが、これは代替可能、という意味です。

なのでnon-fungibleノンファンジブルとは、<代替できない>ということになります。

ファンジブルかノンファンジブルかは1万円札で考えれば簡単です。

1万円札にもシリアルナンバーが振ってありますが、1万円札を代金としてももらうときに、いちいちシリアルナンバーは何番ですか?と確認して取引する人はいません。

だからどの1万円札を渡してもOK。

これがファンジブル=代替可能なものということです。

これに対して、1万円札に印刷されている顔にいろんな種類があると想定してみましょう。
たととえばAKB48の向井地美音さんの顔の1万円札が世界に1枚だけあるとします。

私は向井地美音さんの顔の1万円札しか欲しくない、福沢諭吉や渋沢栄一ではやだ、という場合は、1万円札は他の1万円札では代替できません。

これがノンファンジブルの意味です。

誰が持っているのかをブロックチェーンに記録

ここで、向井地美音さんの顔の1万円札のデジタル通貨(以下「デジタル美音札」と呼びます)を作ることを考えましょう。

実物のないデジタル通貨ですから、それをAさんからBさんへの移転は、何かに記録することによってしかできません。

その記録をブロックチェーンで行うのが、NFTです。

デジタル美音札をAさんからBさんに移転したとき、デジタル美音札につけられている固有のシリアルナンバーの所有者は、Aさん所有から、Bさんになった、とブロックチェーンに記入するのです。

NFTは、多くの場合、ビットコインではなく、イーサリアムというブロックチェーンに記録します。
(ちなみにイーサリアムというのはブロックチェーンプロジェクトの名称であり、仮想通貨の名称はイーサといいます)

デジタル・アートにNFTを使う場合、そのアート情報を所有者情報と一緒にイーサリアムのブロックチェーンに記録しているに過ぎません。
アートのデジタルデータそのもの、またはそのデジタルデータへのリンク情報をブロックチェーンに記録しているのがNFTなんです

デジタル・アート自体は複製できてしまいます。
最初に挙げたビープルのデジタル・アートも誰でもダウンロードできます。
(※データが重いので、リンクは載せていません)

でも、NFTをみれば(ブロックチェーンを見ればということ)、そのデジタル・アートはAさんのものだ、と誰でもすぐわかってしまうのです。
ただしデジタル情報の場合、「所有権」という概念は日本の法律上はありません。ここがややこしいところです

このNFTはデジタル・アートのような画像だけではなく、いろんな分野に展開が可能です。

次回に続く。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました