ポイントで株式投資

ポイント お金の教室

Tポイントや楽天スーパーポイントで株式投資ができます。

この記事では、ポイントの有効利用について解説します。

ポイントは現金のようなもの

通販などでモノを買うときは、ポイントがどれだけつくか気になりますね。

皆さんは、今、自分のポイントがいくらあるか把握されていますか?

中には200万ポイントを超えたという強者も。

通算獲得楽天スーパーポイントが235万を超えました!!!  #楽天スーパーポイント #楽天ポイント #お買い物マラソン #楽天スーパーセール #ポイントサイト #楽天 #楽天市場 - ☦鬱・パニック障害クロニクル☦ ✠CD1万枚への道✠:楽天ブログ
皆様、こんばんは 相変わらず、病院巡りとリハビリで1週間が瞬きをしたら過ぎているような日常を送っているセラフィームであります 今回は久しぶりに楽天スーパーポイントの総括をやってみましたが、成果は以

ポイントとは、現金の代わりにモノの購入対価などにつかうことができる、いわば現金が名前を変えたようなものです。

ですから、このポイントを株式購入という投資にも使うことができます。

知らないうちにポイントを失効させてしまったり、ポイント消費のために欲しくもないものを注文したりすることがよくあります。

でもだったら、ポイントで投資を始めてみるのも手です。

証券会社でポイント連携

ポイントで株式を買えるかは、証券会社がポイントに対応しているかによって決まります。

Tポイントなど一般的な買い物で貯まるポイントに対応している証券会社は、次のようなところがあります。

樂天証券(楽天スーパーポイント)

SBI証券(Tポイント)

SBIネオモバイル証券(Tポイント)

SMBC日興證券(dポイント)

SBIネオモバイル証券などはホームページに、「はじめての投資はTポイントで」と大きく載せているぐらいポイント投資を宣伝しています。

Tポイント投資するならSBIネオモバイル証券|ネオモバ
ポイント投資なら、ネオモバ。Tポイントを使って株が買えるのはネオモバだけ!1株から株を購入することが可能なため、今持っているポイントで投資を始めることが可能。月額220円(税込)で、取引放題(1ヵ月の約定代金合計額が50万円まで)!しかも期間固定Tポイント200ptが毎月もらる。ひとかぶIPO、FX、iDeCoなどあり...

Tポイントは日本人のほとんどの人が使っているでしょうから、それで株式投資ができたら気軽に投資が始められますね。

ただし、使うにはワンステップ踏む必要があります。

証券会社の口座で、ポイントのID連携の手続きをすることです。

これにより、株式購入時に支払いとしてポイントを選べるようになります。

株式は基本的に強健会社でなければ買えませんから、口座を持っていない人はまず口座開設しましょう。
口座を作るだけなら手数料はかかりません。

株式投資の悪いイメージを払拭したい

ポイントで株式を購入となると、多くの場合少額投資になります。

証券会社としてはさほど儲かるサービスではありません。

ではなぜポイントでの投資に力を入れているのかというと・・・

それは若者を投資に取り込む証券会社の戦略です。

株式投資に関するイメージを調査したアンケートでは、
・ギャンブルのようなもの
・お金持ちがやるもの

など、まだまだネガティブな印象を多くの人が持っていることが分かります。

(「証券投資に関する全国調査」日本証券業協会H30)

証券投資に関する全国調査 | 日本証券業協会

さらに証券会社の口座数が頭打ちで伸びないという危機感もあるでしょう。

証券会社の口座数はトップのSBI証券でも500万口座です。

証券会社のネット口座開設数ランキング1位は?野村、大和、SBIや楽天など10社の特徴も紹介
証券会社の人気度を表す口座開設数。今回はネット口座開設数の上位10社をランキング形式で紹介。野村證券やSBI、楽天などランクインしている10社には、それぞれどのような特徴があるのか、詳細も解説していく。自分にぴったりな証券口座を持つための参考としてもらいたい。

これに対してポイントはより多くの人が持っています。

Tポイントはユニークな利用者数が6千万人を超えていて、

Tカードの年間利用会員数が日本総人口の50%を突破、20代は82.4%、60代でも47.8%に
CCCMKHDのプレスリリース(2017年9月20日 13時34分)Tカードの年間利用会員数が日本総人口の50%を突破、20代は82.4%、60代でも47.8%に

楽天IDは総数で1億以上あります。

ポイントで株式投資 証券会社が攻防戦
証券会社の「ポイント」競争が激化している。株式や投資信託の売買にポイントを活用するサービスを競って拡充。各社とも将来の主要顧客となる若年層の囲い込みと自社経済圏の拡大に必死で、体力勝負の様相を呈して

ほとんど誰でも持っているポイント。

だったらこれを取り込まない手はない、というわけで、証券会社は集客のためのサービスとして、ポイント投資に力を入れているというわけです。

そんな証券会社の戦略もあり、SBI証券ではすでに1億ポイント(1億円相当)が投資に使われています。

日経新聞2019/10/17

ポイント投資 はや激戦 若年層囲い込み
買い物したときなどに付くポイントを使った投資サービスが相次いでいる。カブドットコム証券は年度内にも出資を受けたKDDIのポイントで投資信託などを購入できるようにする。ポイント投資は楽天グループが先行

実は株式は1株では買えない

東京証券取引所に上場されている株式の中には、株価が500円前後のものもあります。

これならポイントじゃなくても、1コインで気軽に株式が買えてしまいそうです。

たとえば広告代理店のアドウェイズ。

(株)アドウェイズ【2489】:株式/株価 - Yahoo!ファイナンス
(株)アドウェイズのリアルタイム株価、チャート、関連銘柄、関連ニュース、決算情報などを掲載。人気の株主優待や掲示板も。投資やマネーの総合情報サイト-Yahoo!ファイナンス

株価およそ500円。

でも会社の株式を普通に買おうと思うと、500円では買えません。

なぜなら単元株制度というものがあるから。

日本の株は100株単位でしか買えないのです。

このため1株500円なら、500円×100株で5万円ないとこの株は買えません。

ポイントなら1株から買える

でもポイントでの投資は、1株でも買えるシステムになっています。

100株以下の株式を単元未満株といいますが、この単元未満株を買う制度です。

ただし、単元未満株は、株主総会に出席して議決権を行使することはできません

多くの場合、株主優待もありません。

でも配当金は所有株数に応じてきちんともらえます

株式投資のスタートとしてポイントで投資するというのはリスクも少なく、いいきっかけとなると思います。

 

※株式投資は損をすることもあります。この記事は特定の銘柄等を推奨するものではありません。投資は必ず自己責任で行ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました